「ものののこしかた展」オンライントーク

現在東京都美術館ギャラリーBで開催中の

都美セレクション グループ展 2022 「ものののこしかた 」関連イベントのオンライントークの映像を公開いたしました。


トークテーマ:「ものののこしかたと地域の調べかた」

ゲスト:菅家博昭氏

参加作家:新井毬子、居村浩平、西尾佳那


昭和村の菅家博昭氏をお呼びし、

本展覧会企画者である、作家3名と地域に入ることで中で見えてきた「ものののこしかた」「ものをのこすこと」について対談をいたしました。

また、「地域の調べ方」についても伺い、民俗学研究の視点でみる地域の捉え方、調査の方法についてもお伺いしました。トークイベントの後、ゲストの菅家博昭氏と古川利意記念館のある真ヶ沢集落を歩き、地域の調べ方について学びました。


菅家博昭 (かんけ ひろあき)

1959年福島県生まれ。福島県大沼郡昭和村で農業自営。民俗学者。からむし栽培とかすみ草栽培を行う。会津学研究会代表、昭和村文化財保護審議会委員長。日本フローラルマーケティング協会理事。



●「ものののこしかたと地域の調べかた」再生リスト

https://youtube.com/playlist?list=PLc1NSBHTyFmaHLLeEZPUlj005vrt3VT49

●オンライントーク「ものののこしかたと地域の調べかた」

https://youtu.be/8a2sHaE5EHg

●フィールドワーク「地域の調べ方」

https://youtu.be/ytO7b-rnjyA

古川利意記念美術館「農と暮らし」

蔵を改修した小さな美術館 7月18日OPEN!

0コメント

  • 1000 / 1000